TOP > 旧車買取の豆知識 > 旧車の査定を受ける前にコンパウンドでお手入れすべきか

旧車の査定を受ける前にコンパウンドでお手入れすべきか

車のお手入れをする時には、よくコンパウンドという道具が使われています。
コンパウンドは、主に傷を消す為に使われます。
長く使い込まれた車の場合は、線傷などが付いている事もよくあります。
その傷を消したい時にコンパウンドが使われる訳ですが、いわゆる研磨剤です。
車体専用のヤスリで、それで車の表面を擦っておきますと、簡単な傷を消すことはできます。
車を長く使い続けていると、表面部分に石が衝突してしまう事もよくあります。
いわゆる飛び石です。
それで車に傷が付いてしまう事もよくありますが、大抵は軽微な傷になりますから、コンパウンドで十分に対応する事ができます。
その他にも、コンパウンドは色々な活用方法があります。
普段のお手入れで愛用している方も少なくありませんが、車査定の前にそれが使われるケースも多いです。


旧車の場合は、塗装の表面に多数の傷が付いている事も珍しくありません。
年式が古い車ですし、色々な傷が付いてしまうケースも多いですが、それはコンパウンドで消すことは可能です。
では、車査定を受ける前にコンパウンドは使用すべきかと言うと、確実に傷を消せるのであれば使って構いません。
そもそも査定では、車の状態は確認される事になります。
表面に多数の傷が付いている車よりは、無傷の車の方が高く評価される傾向はあります。
コンパウンドを使用しておけば、ある程度傷は消すことができますし、使っても問題はありません。
またコンパウンドでお手入れしておくと、買取店に対する印象が良くなる事もあります。
丁寧にお手入れされていた車は、買取店からの評価も高くなりますし、コンパウンドでお手入れしている方も多いです。


ただし状況によっては、敢えてそのまま放置しておく選択肢もあります。
コンパウンドを使い慣れていないのであれば、あえてお手入れせずに査定を受けても問題ありません。
確かにコンパウンドを使用すれば、線傷などを消すことはできます。
しかしコンパウンドを使い慣れていないと、かえって余計な傷を付けてしまうケースがたまにあります。
それで査定額が下がってしまうケースも、稀にあります。
そもそもコンパウンドを使用したからと言って、買取額が極端に高くなる訳ではありません。
コンパウンド程度の道具であれば、買取店にもあります。
お手入れするのは手間もかかりますし、傷が付いてしまうリスクを考慮すれば、却ってそのままの状態で査定を受ける方が良い事もあります。
逆に、コンパウンドを使い慣れているのであれば、査定前に使用しても問題ありません。