TOP > 旧車買取の豆知識 > 旧車の買取は持ち込みと出張のどちらがおすすめか

旧車の買取は持ち込みと出張のどちらがおすすめか

旧車の査定を受ける方法は、主に2つあります。
お店に車を持ち込んで査定を受けるか、出張査定のどちらかになります。
後者の出張の場合は、お店の担当者に来てもらう事になります。
駐車場などに訪問してもらった上で、旧車の状態を確認してもらう訳です。
それでお店が旧車の価値を判断したら、買取額が提示される事になります。
ちなみにお店に査定を行ってもらう分には、料金はかかりません。
査定は無料サービスになります。
ちなみに出張でなく持込査定の場合は、旧車に乗ってお店に行き、そのまま車の状態を確認してもらう事になります。
では出張と持ち込みはどちらがおすすめかと言うと、前者の出張です。
出張の場合は、わざわざお店に車を持ち込む手間がありません。
お店の担当者が来てくれる訳ですから、遠方のお店まで訪問する必要がありません。


地域によっては、なかなか近くにお店がない事があります。
郊外エリアですと、車を買い取ってくれるお店自体が近所に無いので、車を持ち込むのも一苦労です。
ガソリン代も高く付いてしまいます。
それではお店の買取価格を比較するのも大変です。
しかし出張査定であれば、わざわざ遠方まで行く必要はありません。
あまり手間をかけずに査定を受けられますから、郊外エリアに居住している方々は、よく出張査定を活用しています。
ちなみに出張査定は、交通費はかかりません。
査定を受ける側が交通費を支払うのではなく、お店負担になります。
日本全国どこにでも交通費無料で出張してくれる業者も多いです。
しかし持込査定という手段ですと、ガソリン代がかかります。
交通費も節約できる以上、出張査定がおすすめです。


それと持込査定は、若干のリスクがあります。
自宅から遠いお店まで移動するとなると、車がどこかに衝突する可能性もあるからです。
車に傷が付いてしまえば、査定額も下がってしまいます。
まして上述の交通費もかかる以上、持込査定はあまりおすすめできません。
しかし出張査定という手段の場合は、車が衝突してしまう事もありません。
旧車の査定を行ってくれる担当者が来るまでは、安全な場所に車を保管しておけば、傷が付いてしまう事もありません。
また出張査定の場合、持込査定よりは買取額が高くなる傾向があります。
特にチェーン店で営業している買取店の場合、その傾向が顕著です。
加盟店の料金などの都合上、出張査定の方が高く買い取ってくれる傾向があります。
以上の点を考慮しますと、実店舗査定よりは出張がおすすめです。

次の記事へ