TOP > 旧車買取の豆知識 > 旧車の買取相場を調べる2つの方法

旧車の買取相場を調べる2つの方法

旧車を高く売りたい時は、相場を確認しておくのがおすすめです。
平均的な売却額は、ある程度把握しておく方が良いでしょう。
例えばある買取店にて、旧車の状態を確認してもらったところ、80万円という価格が提示されました。
問題は、その80万円という価格が適正であるか否かです。
もしかすると80万円以上で売れる可能性もあります。
実際、お店によっては査定額を低く提示してくる事があります。
売上数字などの問題があり、実際には90万円などで売れるケースもありますから、注意が必要です。
どうすれば価格の妥当性を判断できるかというと、相場の知識です。
平均的には何円ぐらいで売れる車かを把握しておけば、かなり適正な価格で売る事ができます。
どうやって旧車の相場を調べれば良いかというと、主に2つの手段があります。


まず1つ目の手段は、ネット査定です。
車買取を行っているお店には、たいてい公式サイトがあります。
そのサイト経由でWEB査定を依頼できる訳ですが、まずは依頼フォームに車の情報を色々入力します。
年式や走行距離やメーカーなど、複数の項目を入力してお店にデータを送信する訳です。
必要に応じて車の写真撮影も行った上で、画像データも送信します。
するとデータを受け取った買取店は、車の大まかな査定額を提示してくれる訳です。
査定額は、基本的にはメールで通知されます。
上記のWEB査定を、複数のお店に依頼してみる方法があります。
色々なお店から査定額を提示してもらえば、だんだん平均値が見えてきます。
その平均値が、車の大まかな相場になる訳です。
1つ1つのお店に車を持ち込む必要もありませんし、WEB査定はとても楽です。


ただ上記のWEB査定には1つデメリットがあって、お店によっては若干時間がかかります。
お店としては色々なデータを確認する必要があり、数日かかってしまう事も多いです。
できる限り早く相場を知りたい時は、一括査定という手段もあります。
一括査定も、WEBで依頼することになります。
まずは一括査定サイトにアクセスし、所定の項目に入力をします。
すると複数のお店から連絡が来て、出張査定が行われる訳です。
つまり実査定を受ける事になります。
若干の手間はあるものの、一括査定は非常にスピーディーです。
たいていの買取店はすぐに出張してくれますから、当日中に車の査定額を知る事もできます。
そして一括査定であれば、一気に複数のお店による査定を受けられるので、査定額の平均値も知る事ができます。
ですから早く相場を知りたい方々は、一括査定を活用している事も多いです。

次の記事へ