TOP > 旧車買取の豆知識 > 旧車を高く売りたい時は査定前に修理に出すべきか

旧車を高く売りたい時は査定前に修理に出すべきか

年式が古い自動車を持っている方は、たまに修理を検討しています。
車買取の査定を受ける前に、修理を受けるべきか検討している方も多いです。
確かに年式が古い車は、色々ダメージが蓄積している事もあります。
ダメージが蓄積していれば、走行に関する問題点も起こり得るので、修理を検討している方も少なくありません。
実際修理を行えば、確かに車の状態は良くなります。
トラブルなども起こりづらくなるのは確かです。
しかし車買取の査定を受ける前の修理は、控える方が無難です。
基本的には損してしまうケースが多いので、そのままの状態で査定を受けるのがおすすめです。
旧車も例外ではありません。
年式が古い車ですから、ダメージが蓄積している可能性もありますが、そのまま査定を受ける方が良いでしょう。


というのも自動車を修理に出しますと、どうしても費用がかかってしまいます。
何円ぐらいになるかは状況次第ですが、10万円以上になるケースも多いです。
それでも車の状態は良くなりますから、あえて修理を受ける方が良いと思っている方も多いです。
確かに車の状態が良くなれば、買取価格も高くなる傾向はあります。
というのも車買取のお店としては、状態は重視しているからです。
走行に難がある車よりは、特に問題ない車の方が高く評価される傾向はあります。
ですが修理を行っておけば、買取価格が極端に高くなる訳ではありません。
確かにお店からの評価は高くなりますが、買取価格が10万円も高くなるケースはまずありません。
数万円程度高くできる可能性はありますが、基本的には赤字になります。
修理には出さずに査定を受ける方が良いでしょう。


旧車を高く売りたいのであれば、むしろ複数のお店で査定を受けるのがおすすめです。
1つのお店ではなく、あくまでも複数店を活用するのが望ましいです。
というのも車の買取価格は、お店によって大きく異なります。
例えばあるお店の場合は、車査定の価格は40万円であるとします。
ところが別のお店で査定を受けてみると、70万円以上になるケースもよくあります。
各お店は、それぞれ専門知識や在庫状況が異なるからです。
旧車に詳しいお店であれば高く売れる傾向がありますし、何とかして在庫を確保したいお店も、高額買取になる確率は高いです。
車の査定額は、お店によって数十万円ほどの差がつく事も珍しくありません。
修理に出すというより、複数のお店の価格を比較する方が良いでしょう。
その際一括査定を活用している方も多いです。

次の記事へ