TOP > 旧車買取の豆知識 > 旧車買取の際気を付けておきたいポイント

旧車買取の際気を付けておきたいポイント

大事にしていた旧車がそろそろ古くなってきた、違う車が欲しくなったのでまとまったお金が欲しいなどとお思いの方はいませんでしょうか。
そんな時には、旧車買取業者に買取を行ってもらいましょう。
ただ、買取の際には色々と疑問があるかと思います。
自分の売却しようとしている車種の市場相場はどれくらいか、一般の車の買取と手続きは違うのかなど、疑問は様々だと思います。
このような買取は一般の車の買取と違い、対応している業者も少ない傾向にある上に、インターネット上の情報も限定的です。
数少ない業者や情報の中から有用なものを選び、大事な旧車を安心・安全に、そして少しでも高価買取を行ってくれる所を選ぶ必要があります。
近くにそのような業者があるからと言って慌てて買取を依頼せず、しっかりと情報収集してから買取依頼を行いましょう。


まず、信頼出来る買取業者を選ぶ際には、商品知識がしっかりしている業者を選ぶという事です。
一般的に流通している車と違い、旧車の価値を査定するにはその車の希少性などの価値や、国内外問わずその車種にどれだけのニーズがあるかという事を知っている必要があります。
加えて、そうした知識に加え、その業者が買取を行った後の流通ルートはどの程度持っているのか、その業者の在庫状況はどの程度なのかという情報なども1円でも高価で買取を行ってもらいたいという時には知っておきたい事項になります。
そうしたこと全ての情報を手に入れることは容易ではありませんが、公式ホームページ上に新着入荷情報やこれまでの買取実績、さらにはどの車種に強いかなどの情報が掲載されている可能性があるため、それらや一括査定サイトなどで比較して、情報収集をしましょう。


旧車買取の方法は、大きく分けて2つの方法があります。
まずは即時売却です。
これは、旧車買取に対応している業者に車を持ち込み買取を行ってもらい、一括で現金を受け取る方式です。
いわゆる通常の車買取と同じ方式で、買取価格は安くなってしまう事が多いものの、手軽で時間がかからない傾向にあるのが利点です。
もう1つは委託販売という買取形式です。
これは、旧車の売り手が売却金額を設定できる方式で、買取を行った車が売れると金額が入ってくるという仕組みです。
この方式は自分で売却価格が決められるため儲けが大きく出来る可能性がありますが、いつお金が入ってくるか分からないというリスクもあります。
すぐにお金が欲しいのか、時間はかかってもいいから高価買取をして欲しいのかという自分の状況をよく考えた上でこの2つのどちらの方法が良いのかを考えて選ぶ必要があります。

次の記事へ