安い家族葬サイト比較~きちんとお別れしたい方へ

home > 安い家族葬の情報 > 「家族葬安い」で検索すると出てくる相場や費用に関する基礎知識

「家族葬安い」で検索すると出てくる相場や費用に関する基礎知識

 葬儀というと、大勢の会葬者を呼んで行う従来の葬儀をイメージする方も多いでしょう。しかし最近では、家族葬と呼ばれる規模の小さな葬儀スタイルの需要が増えています。家族葬とは、文字通り家族だけで葬儀を行う場合や、それ以外に呼ぶとしても親族や、ごく親しくしている友人・知人などに限定することで会葬者の人数を少なくして行う葬儀のことを指します。需要が増えた背景には、葬儀に対する価値観の変化や、人付き合いに対する意識の変化などがあると言われており、主に都市部で選ばれることが多い葬儀スタイルだと言えるでしょう。昔は、身内だけでなくご近所の方や会社関係の方などを幅広く呼ぶのが普通でしたが、最近では身内だけのこぢんまりとしたスタイルの葬儀が好まれており、費用面でもメリットがあります。

 家族葬は、一般的な葬儀と比べて葬儀そのものにかかる費用が安く済みます。「家族葬安い」というキーワードで検索すると、プラン費用が50万円程度などという広告が出てきますし、安いものだと20万円を切るケースも見られます。実際に50万円~100万円程度が相場だと言われており、葬儀そのものにかかる費用の一般的な相場が120万円程度だと言われていることを考えれば、かなり安く費用を抑えられると言えるでしょう。ただし、あまりに安すぎるケースに関しては、追加料金が後からかかってしまう場合もあるため、プランの中に何が含まれているのかということをあらかじめしっかりと確認しておくことも重要です。そして、プラン費用の内訳などに不明な点や疑問があれば、事前に葬儀社の担当者へ質問するなどして、ハッキリさせておくことも必要でしょう。

 家族葬における葬儀そのもの以外に必要となる費用としては、飲食接待費や寺院費用があります。まず飲食接待費用に関しては、家族葬の場合だと会葬者の人数も少ないため、その分、通夜に振る舞われる料理などの費用である飲食接待費用も抑えることができると言えるでしょう。そして、読経を行ってくれる僧侶に対して渡すお布施のことを指す寺院費用に関しては、基本的に一般的な葬儀の場合と変わらないと言えます。僧侶を呼ばない場合はもちろんその費用はかかりませんが、呼ぶ場合は45万円程度が相場だと言われています。また、費用に関して注意すべき点としては、家族葬の場合は香典収入が少なくなってしまうということが挙げられます。会葬者の人数が少ないということは、それだけ香典も少なくなってしまうということでもあるため、香典収入との差し引きで葬儀費用の総額を計算しておくことも必要でしょう。

次の記事へ