安い家族葬サイト比較~きちんとお別れしたい方へ

home > 安い家族葬の情報 > 家族葬安いという先入観と実態に関して

家族葬安いという先入観と実態に関して

 日本人の平均寿命は世界一だと言われていますが、長生きをすることは色々な課題を背負うことでもあります。少子高齢化の時代に突入しているので、様々な不安が尽きない方も多いのではないでしょうか。その最たる例が、葬儀・告別式だと言われています。当たり前のことですが、故人は自らの葬儀・告別式を見ることが叶いません。全てが遺族の判断に委ねられる訳ですが、ある程度のことであれば事前に決めておくことが出来ます。それが終活ではないでしょうか。全国至るところで終活フェアが開催されていて、多くの参加者で賑わいを見せています。葬儀社や自治体が主催するケースが大部分ですが、何かと煩雑になる葬儀・告別式を分かり易く説明してくれると好評です。遺影撮影体験や祭壇を見比べることができ、葬儀の裏側を知ることが出来ます。

 あるデータによると、葬儀・告別式にかかる平均の費用は200~250万円に及ぶようです。これらを高いと感じる方も多いようで、請求を見て驚く方も多いと聞きます。そんな方に人気を集めているのが、家族葬プランではないでしょうか。少し小さめの部屋で執り行う葬儀で、参列者も30人程度を想定して行うスタイルです。祭壇もコンパクトで、費用も30万円以内で収まるケースが多いと聞きます。これだと遺族の負担も軽減されますし、後々の法要や返礼にも備えられるのではないでしょうか。家族葬安いという先入観は、あながち間違いではないと言えるのではないでしょうか。長寿社会は素晴らしいことではありますが、葬儀をどういう風に執り行うかを真剣に考えておくべきです。何も考えていないと、遺族が右往左往してしまいます。

 エンディングノートいうノートが注目を集めていますが、元気なうちに自らの希望や友人知人の連絡先を記しておくものです。気持ちが変わればその都度書き直すのも良いですし、葬儀・告別式に関して考えるきっかけになるのではないでしょうか。終活フェアには弁護士や税理士が常駐していることがありますし、相続や税制に関しても質問の受付を行っています。短い時間で色々な選択をするのは難しいですし、葬儀・告別式のような特別な場面であれば尚更です。締めるべきことは締めることが必要ですし、だからこそ家族葬プランが人気を集めているのではないでしょうか。メディアでも取り上げられる機会が増えていますし、世間の関心も高まりを見せています。家族が元気にいるうちに、家族葬についてじっくりと話し合ってみてはどうでしょうか。

次の記事へ