安い家族葬サイト比較~きちんとお別れしたい方へ

home > 安い家族葬の情報 > 家族葬安いので現代人に人気がある

家族葬安いので現代人に人気がある

 現代人にあったお葬式スタイルとして定着しつつあるのが家族葬(ファミリー葬)です。家族葬は一般会葬者を招かず、遺族や親族や友人など、親しい人たちだけで行うのが特徴です。普通の一般装の場合は会葬者が多いため、大きなセレモニーホールを借りる必要があり、一人一人にかかる接待費もまとめると膨大になります。それに対して家族葬は少人数制の内輪だけのお葬式なので、小さ目のホールを借りたり、自宅を会場にしたりすることで経済的にとりおこなえます。そのため、ほとんどの葬儀会社で家族葬安いというフレーズで家族装プランを提示しているほど需要があります。また、安いだけではなく、会葬者を一人一人接待したり遺族代表挨拶をしたりといった煩わしさがないところも、家族葬が定着した理由の一つです。

 家族葬プランで設定してある料金は、それぞれの葬儀会社で違います。身内に不幸があって家族葬を行うことになった場合、まずはいくつかの葬儀会社をピックアップして見積もりを取ることが大切です。見積もりは24時間いつでも依頼できて、見積もってもらうだけなら無料です。見積もりにあたっては、参列する人数やどういう感じでお葬式をしたいのか、具体的に決めておくことが大切です。参列する人数は、家族葬の葬儀費用に影響します。遺族だけならいいですが、故人の会社の同僚や上司や部下などが参列する場合は会葬返礼品や香典返しが必要です。10人以下の規模で行う場合は20万円前後、10人以上30人未満の規模で行う場合は50万円前後、30人以上60人未満の場合は80万円が家族葬プランの目安です。

 宗教的な儀式が絡んでくると費用が高くなりますが、家族葬を無宗教で行うことで費用が抑えられます。また、宗教色を排除することで堅苦しい儀式が必要なくなるので、ゆっくりと最後のお別れの時間を過ごせます。いまは価値観の多様化によって自由なスタイルでお葬式をあげる人が増えていて、無宗教葬を選ぶ人も少なくないです。また、故人の好きだった音楽をかけたり、思い出の写真や趣味の作品をディスプレイしたり、手作り感のあるアットホームなお葬式を演出するのも人気です。ほとんどの葬儀会社には厚生労働省認定・葬祭ディレクターの有資格者がいます。葬祭ディレクターはお葬式のスペシャリストなので、「この予算内でこういうお葬式をしたい」といえば、その希望に沿った形のお葬式をプロデュースしてくれます。

次の記事へ