安い家族葬サイト比較~きちんとお別れしたい方へ

home > 安い家族葬の情報 > 葬儀費用が高かった時代が終り家族葬安いことが人気です

葬儀費用が高かった時代が終り家族葬安いことが人気です

 少し前の時代まで日本の葬儀料が、非常に高いと言われる時代がありました。景気が良かったと言うこともありましたが、最近では時代を反映するようになり、かなり低料金で式費用が済むようになったと言われますが、その平均価格は200万円程度となっています。この200万円と言う金額が高いのか、低いのかと考えることは難しいことですが、他国の式費用と比べるとまだまだ高額となっています。アメリカでは50万円前後であり、お隣韓国では40万円程度で済むと言われます。 どうして葬儀費用が高いのかと言うことを考えてみると、亡くなった人に対し、最大の見送りをしたいと考える人が多いことがあります。お世話になった人に対し、身内の人たちは盛大に見送ることで、その供養を行うとされて来たことも、費用を厭わない要因となっているのでしょう。

 更には、喪主となった人が葬儀を出すまでに時間が非常に少ないことが多いことから、細かい判断をしづらい環境にあると考えられます。そんなことから葬儀社を選ぶにも、急なことが多く、迷うことなく判断を迫られる場合が多いことも、費用を安く出来ない理由となります。予め、葬儀社と予約なり、契約を済ましている人が少ない時代に多く有り得たことです。そこには、葬儀社と打ち合わせの段階で、葬儀社の希望が多く通ることが多く、喪主の意見を通すことが少なくなっているとも言われます。時間がない、次にすることが一杯控えていると言った喪主の心理に付け込む業者も中はあると言うことです。そこには、葬儀費用が高くなっても仕方ないと言う風潮があったことも、費用を安く抑えることにならなかったのでしょう。

 あまりにも高騰した葬儀費用が多くなったことや、最近では高齢になって亡くなる人が増えたことから、葬儀の形も変わって来たことが、費用を抑える要因となりました。特に親子が別の地域に住むことが多くなったことから、盛大に葬儀を行うことが少なくなり、親戚や身内と言う家族だけで葬儀を行なうことが増えて来たことも、葬儀費用を抑えることなりました。この家族葬を行うことは、少なく人数で行うことが出来、大きな祭壇を必要としないため少ない費用で済みます。今では、家族葬安いことを知らせる葬儀社も多くなり、今では葬儀費用を抑えることを一面に宣伝する葬儀社も増えています。それでも他国から比べるとその費用は、高くなっていることを考えると葬儀に対しての再考があっても良いのも知れません。

次の記事へ